両肩を結ぶ線〜左肩を落とすこと

 

両肩を結んだ線というものを普段今まで意識していなかった。

 

かろうじて、ドライバーショットのときに、両肩を結ぶ線と言うものを
右肩を落として、ちょうど、打つ方向の空を見るようにと教わったことが
あったが、それくらいである。

 

 

でも、理論から言うと、スイングの方向と肩の向きというのは、
一致するべきなので、横から見た両肩のラインは、アイアンならば、
少し左肩をさげて、下向きに斜めになる。また、ドライバーならば、左肩を上げて、上向きになるのが、正解である。

 

そこで、いつも打振っているとか、うまく、ボールをクリーンに打てない人は、
この左肩をもっと落とすように、両肩を結ぶ線を意識してほしい。

 

アイアンやアプローチならば、両肩を結ぶ線を少し下向きにして、スイングのダウンブローと同じくらいのスイングの角度に合わせるのだ。

 

多分、今までよりもクリーンに、ダフらないで打てるようになるはずである。