垂直で直線的なスイングで、最大限、ミスのないショットを実現する

ゴルフのスイングは、円運動と呼ばれる。一般的には、体を円の中心において、横から見て、円を書くようにクラブを振るように教えられる。

 

でも、これが上級者になるとコックを使ってクラブを引き上げ、トップの位置から、垂直に、腰のあたりまで、降りおろし、その際に、腰を捻ることで、ロスのない、直線的なスイングをするようになる。

 

これは、スイングスピードを高めるとともに、同時に、ミスの少ない打ち方だからである。ボールを打つためには、振り上げるしかないが、問題は、そこからどのようにクラブを下してくるかである。一番、ミスの少ない打ち方は、上げたらそのまま垂直に下すことである。ボールに向かって一直線の軌道で振り下ろす感じである。この場合、両手の間、両脇の間の中心をクラブが下りてくることになる。

 

ただし、そのままクラブを振り下ろしたのでは、クラブのフェースが返らないので、どスライスとなってしまう。そのためにも、腰を回転させ、クラブフェースを最短距離で返してあげることが必要なのである。

 

感覚としては、右腕を腰のあたりまで、垂直に振り下ろしてきたら、そのまま、右ひじと右腰が一体となって回転して、インパクトでフェースが返り、スクェアに当たるというようなイメージである。

 

ミスのないスイングを目指すならこの方法しかないと思う。また、それは、同時に、スイングスピードを最大に引き出す打ち方でもある。