グリップ編|ゴルフが上達する方法

グリップは柔らかく持つ

 

プロは、グリップは、柔らかく持つといいます。大体、全力で握ったときを10とすると、3ぐらいでしょうか。よく小鳥を手の中に入れて、小鳥を締めないように、優しく包んであげるくらいの強さだと言われています。私も、つい手に力が入ってしまうのですが、そんなときは、必ず、ダフったり、トップしたりするものです。

 

ここで、実験ですが、手に力を入れたときと、柔らかく握ったときでどんな違いがあるのか知っていますか。実際にやってほしいのですが、柔らかく握ったときは、目標となる地点に正確にヘッドを落とすことができます。反対に力が入っていると、目標となるところになかなか正確に入ることができません。

 

「グリップは柔らかく持つ」、鉄則です。

 

左手首は右手の手首を重ねる感じ

 

左の手首は右手の手首を重ねる感じで打ちましょう。決して、手首の間に隙間をつくらず、ぴったと付けたままを意識しましょう。